ninrecoads
津軽三味線 忍弥
LIVE
2024年7月21日
津軽三味線 忍絃音”SHIONE” 1ST コンサート(厚別西地区センター)開催・出演決定!
2024年7月20日
第53回とまり群来祭り(泊村)出演決定!
2024年6月30日
FORESTIVAL(森町青葉ヶ丘公園)出演決定!
2024年6月23日
コンサドーレ札幌vs横浜F・マリノス戦(赤黒フェスタ)に出演決定!(札幌ドーム)
2024年6月16日
2024北のビーナス蕗まつり出演決定!(釧路市音別町)
2024年3月23日
KAZUMI Heart&soul(Precioushall)サポート出演
2024年3月10日
京極町文化協会芸能発表会ゲスト出演
2024年3月9日
ルスツリゾート【Pub Cricket】MUSIC LIVE 急遽3/9出演決定!
VIDEO
SNS
BIOGRAPHY
CONTACT

    津軽三味線 忍弥

    羽幌町焼尻島育ち。1994年3月12日生まれ。本名(佐々木忍弥)
    7歳で津軽三味線を習い始め、三代目日本一佐藤俊彦氏に弟子入りをする。青森県で開催された「津軽三味線日本一決定戦」では2013年にA級の部にて全国優勝を飾る。また合奏の部でも多くの全国優勝を飾る。北海道、東京をはじめ、日米親善大使や日中親善大使の一員としてニューヨーク(カーネギーホー ル)、台湾、トルコ共和国、タイ、マレーシア、ベトナム、シンガポール、中国、ロシア、ドイツなど海外へ活動の場を広げ、世界の人々に日本伝統音楽の魅力を伝える為、精力的に活動する。また、2021年には伝教大師最澄1200年大遠忌記念として世界文化遺産である比叡山延暦寺根本中堂にて奉納演 奏。2023年には日本外務省文化事業が主催するASEAN50周年記念inタイ(バンコク)外務省ホールにて記念公演演奏。今は亡き師匠が残した弟子の指導に尽力しており、2012年からは札幌圏の高校へ音楽講師として指導するなど音楽教育にも携わり、津軽三味線の魅力を次世代に伝える。クラブやライブハウスでも演奏活動をし、今までにない津軽三味線の可能性に挑戦。DJ、ファッションショーのバックミュージック、吹奏楽団とのセッションに成功するなどジャンルを問わず、 様々な有名アーティストなどとのコラボレーションを行なっている。北海道を代表する津軽三味線奏者である。

    ■海外活動
    ~アメリカ~ 日米親善大使の一員としてカーネギーホールで演奏
    ~タイ(バンコク)~ 日本博2015・2016・2017・2018・2019・2023 連続メインステージ出演
    ~マレーシア~ 北海道PRイベント「THE WHITE BAR」に出演
    ~台湾~ 日中親善大使の一員として保安宮で演奏
    ~トルコ共和国~カイセリ高校で演奏
    ~シンガポール~ うまいっしょ北海道フェア、HOKKAIDO WHITE LUXURY 出演
    ~ベトナム~北海道プロモーション、HOKKIDO PIRKA ベトナムプロモーション
    ~中国(ハルビン)~ 你好COOL! 北海道@松雷百貨南岡店
    主催:松雷百貨店、北海道、黒竜江省商務庁(友好提携省)
    ~中国(香港)~ 北海道PRイベント「一田」に出演
    ~ロシア(サハリン)~ 日ロ文化芸術フェスティバル2019
    ~ドイツ(ミュンヘン)~ KONZERTツアー(2020年1月)
    ~チェコ・スロバキア~ (2020年3月)※コロナウイルスの影響の為イベント中止
    ~カナダ(バンクーバー)~ コンサートツアー(2020年4月)※コロナウイルスの影響の為イベント中止
    ~ドイツ(ミュンヘン)~ 日本祭り(2020年7月)※コロナウイルスの影響の為イベント中止
    2023年日本外務省文化事業主催ASEAN50周年記念inタイ(バンコク)外務省ホールにて記念公演演奏。
    ■共演実績
    北海道日本ハムファイターズ(ファンエス2023)、TEAM NACS、関山幸弘(NHK交響楽団首席トランペット奏者)、坂口渚沙(AKB48)、札幌交響楽団、札幌
    ブラスバンド、国井美佐、MASTER MIND JAPAN 、他多数

    ■メディア出演
    UHB
    「石井ちゃんといく!」「U型テレビ」「北海道プライド」「AKB48なぎさのミライ!ドライブティービー!」
    HTB
    「イチオシ!」「イチオシ!まつり」
    STV
    「どさんこワイド」
    HBC
    「今日ドキッ!」
    TVH
    「SAPPORO SMILE AWARD 2015(芸術部門大賞受賞)」
    TBS
    「番組内でオリジナル曲「深海」を使用 」
    Air-G’ FM 北海道 80.4